株主になれば株主優待券を入手できます

- 株主になれば株主優待券を入手できます

株主になれば株主優待券を入手できます

株主優待券とは、株主になったことにより当該企業から何らかのサービス、賞品などの優遇措置を得る権利を有するチケットのことです。
日本独特の制度とも言われていますが、どうやって入手するか。
もちろん株主になることです。

株主となるには

JALやANAなど航空会社の株主となるには、他企業の株式と同様に、基本は証券会社を経由して株を購入する必要があります。
つまりいずれかの証券会社に取引口座を開設するところから始まります。
株式の銘柄を選ぶ方法は様々あります。
例えば短期的には、利益の出そうな会社、今勢いがあり人気のある企業を探すべきでしょう。
一方で長期的には、マニア的、好きな会社、業界を選ぶパターンもあります。


短期保有の場合

まったく純粋に、株式を販売して利益を得たいがために株を購入する方法もあります。
ただし一時期のJALやスカイマークのように経営難から上場廃止になれば、株式が無価値になってしまうリスクもありますので注意しましょう。
もちろん権利確定日の前に購入し、株式優待券をゲットしてから売りぬく、そんな手法もあります。
とはいえ株式売買に精通していない人は、そのような方法を避けるべきです。
もっとよい入手法があるからです。

長期保有の場合

株式を持つ元々の意味は、長期保有することです。
つまり当該企業に投資して、成長を見守る、発展を促すことです。
もちろん大量保有すれば、経営に参加することができます。
それでこそ本来の意味における株主優待を得られるのです。
株主優待券は、保有株式の数に応じてもらえます。
ちなみにANAは千株当たり、JALは百株当たり1枚もらえます。
この違いは、1株当たりの株価が異なるためです。
なお優待券を所有したことでステータスを感じることもあるでしょう。
航空会社であれば、飛行機や旅行のマニアも多いようです。
そういう意味では時期にもよりますが、なかなか欲しい株を買えないこともあります。

株式の長期保有がおすすめです

本来の意味で株主優待を得たければ、正式に株式を購入しましょう。
今ならネット経由の証券会社もあります。
もちろんのめりこみすぎると、仕事が手につかなくなるので、長期保有がおすすめです。