LCCの話題の空席と欠航の規制緩和

- LCCの話題の空席と欠航の規制緩和

LCCの話題の空席と欠航の規制緩和

何かと話題になったり、ニュースになったりすることの多い格安航空券で乗る事が出来るLCCですが、最近でも少し話題になっている事がありますね。
LCCは格安航空券で利用できる便利な物なのですが、最近空席についての問題が話題になっています。

LCCの規制緩和要望の話題について

実は、最近LCCでは国内で国土交通省に対して規制緩和の要望を出している事が話題になっていますね。
内容としては、LCCでの航空便で空席が多く乗客が少ない事が事前にわかった場合、その航空機を欠航することが出来るようにしたい、という要望なんです。
LCCというのは、様々な所でコスト削減をしつつ利益を回収することが出来る事で航空券を安く提供する事が出来るようにしています。
その1つに、座席数を増やすことで1つの航空便で一度に出せる利益を増やすという事が数えられるのですが、航空便の路線によっては空席が多くなる路線、航空便という物があるんです。
その場合、利益が出ないため場合によっては欠航したいという要望なんですね。

LCCの出した要望と意味合いについて

右下がりのグラフ
航空機、というのは基本的に空席があればあるほど航空会社からすると損につながるわけです。
空席がある、ということはそれだけ航空券が売れなかったということでもありますので、1つの航空便に対して満席の物と空席が多い物とでは全然利益の出方が違うわけです。
そうなってくると、LCC側からしたらあまりにも空席の多い航空便は飛ばすだけ損になってしまうんですね。
そのため、航空便の欠航を空席状況によって出来るようにすることで空席の多い路線でも1つの航空便に客を集中させることで利益を出すようにしたい、というわけなんです。

規制緩和要望の方針について

現在、国土交通省ではまだまだこの規制緩和要望については検討の姿勢ですね。
やはり、利用客側からすると更に利便性が損なわれるわけですし、何より空席状況での欠航が出来るようになると、人気の少ない時間を狙って安い航空券を購入したのにそれが飛ばなく成るという自体が予見されるからです。
航空便欠航は、大幅な予定の狂いを生む物ですから航空会社側の要望だけで出来るようになるのは大きな問題です。
そのため、欠航の際の連絡や代わりの交通手段の提供、用意や補填と言ったような対策などをどのようにすすめる事が出来るのか、といったことを念頭に起きながら検討をする見込みです。
ですが、現在の状況からすると厳しそうですね。

関連記事: